【コラム】青春時代の音楽!UNICORN(ユニコーン)というバンド!

スポンサーリンク

UNICORNといえば、THE BLUE HEARTS、JUN SKY WALKER(S)でバンド御三家と言われた時代があったそう。

自分は、バンド御三家って事は全く知らなかったんですけどね。

そんなUNICORNを知ったのは、ダウンタウンにウッチャンナンチャン、清水ミチコ、野沢直子がコントをしてた深夜番組「夢で逢えたら」だと思う。

メインは、コントなんだけど面白かった。

あの時代にあのメンバーって最強だった。

その中でバッハスタジオってコーナーがあって、色んなバンドが出てダウンタウンやウッチャンナンチャン、清水ミチコに野沢直子に楽器を教えてたな。

今じゃ考えられないぐらい面白い番組だった。

そんなバッハスタジオにUNICORNが登場した回を観て知ったわけです。

あまりにも個性がバラバラなメンバーだな~って印象だったんだけど、演奏始めたらカッコイイ!ってなったんだ。

その後、「働く男」と「スターな男」が夢で逢えたらの主題歌になってたな。

そういう感じでUNICORNを知ってから、もちろんCDレンタルへ借りにいきました。

最初に借りたのは「ケダモノの嵐」だった。

このCDを聴いたら色んなジャンルで何でもありって感じだったな。

「自転車泥棒」が何かすごく良くて、ずーっと聴いてたと思う。

そんなUNICORNをコピーしようと思ったけど、あまりにも難しくて当時の自分には出来なかったんだよね。

なんか適当な雰囲気を出してたけどUNICORNの音楽って唯一無二な感じだったな。

デビューの時の「Maybe Blue」は、後から聴いたんだけど、こういうビートパンクな感じも好きな感じだったから好きです。

そういえば「ヒゲとボイン」の歌詞とかすごく好きだった。

UNICORNといえば、やっぱり「大迷惑」が一番だと思う!

歌詞とメロディーがあまりのもマッチしててカッコいい。

今聴いてもほんとにいい曲なんだよね。

1993年にUNICORNが解散した時は、青春の1ページが終わった感じがした。

まだまだ売れてたけど、バンドの解散って色々な事情もあるんだよね。

それから時を得て復活した時は嬉しかった。

ギターの手島さんがあまりにも太ってたのは、ビックリしたけど(笑)

いいオジサンになって戻ってきたUNICORN!

良い感じに活動してて嬉しいです。

こうして戻ってきてくれるって、なんか良いな~。

青春時代の音楽ってやっぱり色褪せないですね。

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました