【コラム】TVCMの「人にやさしく」が強烈な出会いだったTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)!

スポンサーリンク

THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)が解散して25年が過ぎてるにも関わらず、今でもCMで流れてきたりする。

それほどザ・ブルーハーツが残した曲が良いって事なんだけど。

ザ・ブルーハーツを、初めて聴いた時の事って今でも覚えてる。

当時小学生だったけど、アパレルブランドのレナウンのCMで「気~が~狂いそう」って流れてきて「なんだこれ!?」ってあまりのインパクトに鳥肌立った!

ちょっとしか聴いてないのに「人にやさしく」の詞が凄すぎてずっと頭の中でループしてた。

その時、ザ・ブルーハーツがビジュアル的にどんなバンドかも分からないのに、これだけインパクトを残すバンドって今でも居ないかもしれない。

そんな感じで最初があまりにも強烈だった。

中学生時代に斉藤由貴が先生役のドラマ「ハイスクール落書き」で流れてきたのも、ブルーハーツの「TRAIN-TRAIN」だった。まだまだヤンキーが流行ってた時代だったな~(笑)

そんな感じで、当時の全国の不良くん達もよく聴いてたんじゃないかな。

本当に色んなバンドマンにも影響を与えたって思うんだよね。

同世代のバンドにも多く居るんだけど、2000年代に人気が出たSTANCE PUNKSもその一つだと思う。

もちろんカッコいいから人気が出たわけなんだけど、既にザ・ブルーハーツを聴いてる側からすると、やっぱり真似に聴こえちゃうんだよね。

以前年上の人が、〇〇は□□の真似って言ってた事がそこで理解出来て、同じ感覚なんだって思った。

でも、それだけザ・ブルーハーツの影響ってすごいって事だと思う。

激しいタテノリの曲だけじゃなく、優しくゆっくりした曲もあるのがザ・ブルーハーツの魅力だと個人的に思ってる。

「青空」はそんな曲だし。

自分が、バンドで全国を駆け巡ってた時にライブ前にいつも頭の中で流れてたのが、ザ・ブルーハーツの「ダンスナンバー」自分のテンションを上げるために、この曲にはホント助けてもらってました!

今でも思うんです。

小学生にも伝わるほどの混じりっけの無い純粋なメッセージソング

それがTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)だと!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました