【コラム】今聴いても最強のドラム!Led ZeppelinのRock And Roll!

COLUMN
スポンサーリンク

ブリティッシュ・ロック伝説のバンド「Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)」を通らずしてロックは出来ない!って思ってます。

殆どのロックバンドのルーツで、直接ではなくても必ずレッド・ツェッペリンにたどり着くはず!

自分の尊敬する好きなドラマーの方々も、レッド・ツェッペリンのドラマージョン・ボーナムからの影響を受けていて、1980年に死去されて今なお世界一のドラマーと賞賛されてる。

レッド・ツェッペリンの曲は、ジョン・ボーナム無くして出来なかったはず!

多くの名曲があるわけなんですけど、何故「Rock And Roll」が最強なのか。

何気なく聴いてるだけでは、実は分からないと思う。

この曲の特徴は、突進してくるかのようなエイトビート!にアンサンブルが乗ってるわけなんですけど、シンプルに聴こえるこのエイトビートが本当にヤバすぎる!

普通のエイトビートは、ハイハットを8分で刻み、キックを1拍と3拍に、スネアを2拍と4拍に置く。

だけど、「Rock And Roll」のエイトビートは、ハイハットを8分で刻み、キック8分刻みで2拍と4泊を抜いていて、スネアも8分(2拍と4拍以外は小さい音)で叩いている。

両手と足が、曲の殆どを8分刻んでる。

これが「Rock And Roll」のエイトビート!

しっかり聴いてみると、分かると思います。

このエイトビート、特に小さく叩いてる8分で刻むスネアが「Rock And Roll」の曲をこれだけカッコよくしてると思ってる。

イントロも秀逸なんですけど、ドラムセンスがハンパなく凄すぎるからこそ、ジョン・ボーナムのプレイをコピーするドラマーは、全世界で後を絶たないわけで。

今聴いても思うんですけど、元々ブルース・ロックのヤードバーズからの流れもあるので、ビートがタイト!

だから、レッド・ツェッペリンのスローな曲でも、ベターっとしない。

年月を経て今またレッド・ツェッペリンを聴くと、ジョン・ボーナムの凄さが分かったりする。

フー・ファイターズが、ジミー・ペイジ等のメンバーと演ってる映像を観ると、こういう風にロックが受け継がれてるって事が分かる。

デイヴ・グロール(Dave Grohl)のドラムもカッコよくて、やっぱりジョン・ボーナムの影響を受けてたんだなって思うわけです。

やたらフィルばっかりやるドラマーも居るけど、それはドラマーのエゴ。

最高の曲にするためのシンプルなビートが、大切だと改めて思うわけです。

そういえば、18才ぐらいの時に鬼のように練習したのは「Immigrant Song」だった。

この曲を練習したおかげで、キックの使い方が上手くなった。

キックが弱い人は、是非練習すると良いです!

今回は、ドラマーな感じなコラムでした。

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました