【コラム】配信やCD・レコードでもない!音楽は生で聴けるライブが一番価値が高い理由!

スポンサーリンク

音楽は、ほんと色々な感じで楽しめる世の中になってます。

音楽の楽しみ方は、人それぞれ自由!

でも、やっぱり音楽はライブ、またはコンサート等の生で聴ける・体感できる事が一番感動や衝撃を受ける。

私の場合は、最初は時代的にTV番組やラジオがメインだった。

それで気になるバンドなどのCD・レコード等の音源を買いに行っていて、家でラジカセで聴いてた。

今だとYouTubeなどで気になる・話題になったアーティストを見て、そのアーティストを音楽配信サービスで聴くって感じに変化しただけだと思ってる。

しかし、音楽を一番いい状態で聴くなら生の演奏のライブなんです!

レコーディングした音って、生で聴く音楽よりどうしても劣化してしまうし、ライブやコンサートのように音を体感する事って出来ない。

ライブやコンサートに行く人なら分かると思うんですが、その日のライブは二度と聴く事も出来ないわけで、バンドやアーティストの人気によってチケットの価格も変わってくるけど、それ以上の価値があると思ってます。

いつでもライブで観れると思ってても、バンドもアーティストも所詮は人間なんですよね。

バンド解散するし、引退もあるし、お亡くなりになるって事もある。

今でも全世界で一番有名なバンドだと思うビートルズを、今の若い世代の人が音源では聴けてもライブに行く事は不可能。

何故ならジョンレノンやジョージハリスンとバンドメンバーの半分は死去してしまってるため、もう生え観れないし聴けない。

昔、日本でのビートルズのライブを観に行けた人は、ビートルズを生で体感してる。その感動は、そのライブに行った人しか分からない貴重な体験なんです。

自分にとって初めて観たライブは、今でも鮮明に覚えてます。

それだけ衝撃だったからです!

そして自分もライブをする側になって、その感動を与える側になれたかと今でもふと考えたりする。

今の時代、ほんとに音源に対して価値が極端に下がった気がする。

一昔前までは、高音質な音楽を作ろうとすればレコーディング機器も高価になるし、高技術なエンジニアも雇うには高いギャラが発生するわけ。

とにかく良い音源を作るにはお金が掛かってたわけですけど、今の時代はパソコンで音楽制作が出来るようになって安くなり、ソフトさえあればエンジニアを雇わず自分で気軽に音源を作る事が出来るようになった。

安く誰でも出来るようになった事は、音楽を広げるには良い事でもあるけど、やっぱり弊害も出てしまった。

編集で実際の演奏や歌のレベルをはるかに上回る状態を音源を発表し始め、音楽レベルが下がってしまったし、クソみたいな音源も出てきてしまった。

一流の仕事をしらない人がどんなに頑張っても、悲しいはなし絶対に出来ないんですよ。

なので、そんな音源に全く魅力を感じる事が出来ない。

ただ、ライブやコンサートでの歌と演奏は誤魔化しようがない。

特にライブバンドは、その時のアクシデントやトラブル、オーディエンスなどの色々な要素をその場で感じながら最高の音楽を提供する。

なので、今日ライブをしてるバンドやアーティストも1年後には相当な価値がある。

チケット代なんて安いと感じるぐらいになってしまうはず。

もう生で観れないバンドやアーティスト観たくてもみれないように、いずれはそうなっていくんですよね。

だからこそ!生で音を感じれる、歌で感動を得れるライブやコンサートに是非行くべきだと思う。

若い頃に感動したライブは、もう観れないけど心の中で今でも大切にしまってます。

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました