【コラム】90年代を代表するモンスターロックバンドはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)だ!

スポンサーリンク

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェル・ガン・エレファント)のファーストシングルCD「世界の終わり」を手に取った時が出会い。

ミッシェル・ガン・エレファントをどうやって知ったのかは忘れてしまったけど、世界の終わりを聴いた時はカッコ良すぎてビビった事を思い出す。

当時は、ビジュアル系が全盛期でどこもかしこもお化粧したバンドばかりで、ブルース・ロックやパンク・ロックなバンドが少し低迷してた時期だった。

にも関わらずに、ミッシェル・ガン・エレファントにはそんな事お構いなしな感じがした。

そんなミッシェル・ガン・エレファントの世界の終わりのイントロのギターを聴いた時点で、絶対にすごいバンドになると勝手な思いもあった。

ジャムのようなモッズスタイルのスーツもイカしてた。

当時は、周りに代わり映えのしないビジュアル系ばかりで、男のロックに飢えてたのかもしれない。

そんな時に出てきたのが、ミッシェル・ガン・エレファント!

まだ全国区で人気出てない時代だったと思うんだけど、そのロックはまさにめんたいロックのルースターズを彷彿させるような感じだったので、そりゃ好きになりますよ。

チバさんの攻撃的な歌い方もほんとカッコイイし、亡くなったアベさんはドクター・フィールグッド(Dr.Feelgood)を彷彿させるギターカッティングは多くのギターキッズに今でも愛されて続けてる。

ベースのウエノさんとドラムのクハラさんは、最強のバックビートだと思ってる。

私の中では、この四人がミッシェル・ガン・エレファント。

当時、クハラさんがリンゴスターと同じカラーのラディックのドラムセットで、それがカッコ良くてビンテージのラディックもほしくなった時期だったな~。

ゲット・アップ・ルーシーバードメンG.W.D、ジェニー、赤毛のケリー等次々とカッコイイ曲ばかり出していったし、ルースターズのトリビュートアルバムでの「DO THE BOOGIE」も最高すぎた。

やっぱりカッコいいからどんどん人気が出てきて、あの2003年のミュージック・ステーションでのt.A.T.u事件で起きた生ライブ!

全く予定になくても楽器とマイクがあればその場でやれるのは、ミッシェル・ガン・エレファントが本物のライブバンドだから成せる事!

そりゃ伝説にもなりますよ!

当時、自分もライブツアーに明け暮れてたので、ライブがどれだけ難しくて大切なのかってのは身に染みて感じてます。

ライブってまさに生もの!

そんなライブがカッコいいミッシェル・ガン・エレファントは、90年代~2000代を代表するモンスターロックバンド!

やっぱり上手いバンドが好きじゃなくて、カッコいいバンドが好きなんだな~とつくづく実感してます。

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました