【コラム】バンドの解散について自分なりに考えてる事!

スポンサーリンク

どんなバンドにも結成があって、そして解散があると考えてます。

今まで多くのバンドが結成されて、そして解散をしていったわけで。

解散ってやっぱり寂しいですよね。

ファンからすれば、解散しないでー!やめないでー!ってなるのは当然。

だけど、始まりがあれば終わりがあるのは、物事の摂理だと思うんです。

色んな事情で、バンドって解散していくわけですけど。

例えるなら、花と一緒かな。

芽が出て、つぼみになって、花が咲いて、そして花びらが散ってしまう。

バンドも同じだと思うんですよ。

それぞれ違う音楽ルーツを持った者同士で、バンドは結成するわけだけど、その集まったメンバーだからこそ、そのバンドの唯一無二の音楽になるんだと思う。

上手い下手いとかそんなのどうでも良いし、縁あって集まったメンバーだから出来る音楽を純粋に楽しむ事が大切なんだと思う。

それでも、色んな事があってバンドって解散する。

解散をネガティブに考えてはいけないと思う。

各々がバンドのゴールだと思って解散して、新たな道へ進む事を選んだだけだと思う。

音楽性の違いや、活動方針の違いが主にあがる解散理由だけど、バンドは所詮人の集まりなので人間関係が悪くなったりもする。

どんな理由であれ、最初は希望をもってバンドをして楽しかった事もあって、いずれ解散になる。

だからこそ、バンドって良いんですよ!

今は30代~40代でバンドやってるなんて序の口で、それ以上の年齢の方々が現役でバンドやってる。

これは本当に素晴らしい事ですし、おそらく亡くなるまで解散しないバンドも居るでしょう。

年齢関係なく長くバンドを続ける事自体が奇跡!

そういえば、BOØWYも結成から40周年なんですよね。

言わずと知れた伝説のバンド。

たった8年しか活動してないのに、今も多くのバンドに影響を与え続けてる。

解散宣言をしたのは、1987年12月24日の渋谷公会堂のライブ!これが事実上の解散だったそうです。

一番輝いてた時に解散をした事で、今でも尚輝きを失わなくなったんですよね。

花が散ってしまう前に、綺麗に咲いたままで止まってる感じだろうな。

だからこそ、今でも多くのファンが居るわけです。

こんなにかっこよく解散出来るバンドが、今後現れる事を期待してます!

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました