10年振りにアルバム「VS」をリリース!ロックスターhidaviciousにインタビュー!

INTERVIEW
スポンサーリンク

今回、hidaviciousが10年振りのソロアルバム「VS」を発売という事で取材させて頂きました。

hidaviciousとの出会いは、今から20年ほど前にまだBANKROBBER PROJECTで活動されてる頃にイベントでよく対バンしてました。

今でもソロをメインに音楽活動を続けてるのリスペクトしてます!

活動を長く続けるってそう簡単な事じゃない。

そんなhidaviciousの新しいアルバム「VS」についてと、音楽について色々と聞いてみました。

是非読んでみてください。

hidavicious(以下:H)

スポンサーリンク

アルバム「VS」リリースについて

ーソロアルバム「VS」リリースおめでとうございます!
10年振りのソロアルバムという事もありますし今回のアルバムの想いをお聞きしても宜しいですか?

H:ありがとうございます。
自分でも10年ぶりもそうだし、気付いたらレコーディングに着手してから5年くらい経ってたのもドン引きすw

別に拘りがあって作業に時間がかかった訳でもなく、僕の場合とくに急ぐ理由がないんでw
締め切りもないからダラダラ伸び伸びと作らせてもらっちゃったって感じですかね。
なのにいろんな面で沢山の人達が協力してくれて、とにかく感謝の一言です。

レコーディングの作業自体はわりとスムーズだったと思いますが、僕が全然歌詞を書かなくて滞った時期はありましたねw

アルバム「VS」の内容について

ー今回の「VS」を作るにあたってのコンセプトなど、キッカケがあったんでしょうか?

H:最初は怒りとか苛立ちとか、イライラするモノがあって、なんかもう”全部敵”みたいなとこから始まったんすけど、結局は予定してた曲がだいぶ変更になったり、歌詞も全然変わっちゃったりして、そもそものコンセプトとは別のものにはなっちゃいましたねw
どっちかというとコンセプトは変わってないんだけど意味が変わったというか。

でもそこも含めて最終的にはバランスの良いアルバムになったと思います。

ソロとバンドとの違いについて

ーバンドとソロだと制作過程が変わってきますよね。ソロとバンドとの感じた違い等ありましたか?

H:僕の場合は昔からある程度の骨組みを作って、イメージ伝えて、演奏する皆様にぶん投げてしまうやり方なんで、ソロもバンドやる事は一緒です。

ただ1番の違いは最終ジャッジなんですよね。全部僕次第なんで。
ぶつかり合いとか揉めたりとかないし。
まあソロなんで当たり前なんだけど、たまに寂しくなりましたw

音楽を始めた経緯

ー良かったらロックに目覚めた経緯を教えてください。

H:小学生くらいからバンドもアイドルも演歌もポップスもいろいろ聴いてました。
でもそれはどっちかというと”歌手”として好きでしたね。
とにかく歌ってる人がカッコ良かった。
楽器とかじゃなく。

中学上がる頃に突然、なんか漠然と「そういうことか」ってなったんですよね。
なんか哲学らしきものをぼんやりキャッチしたような。クラッシュかな?

急に悪いことに興味出たり、急に女の子に興味出たり、あったでしょ?
そんな感じで急加速でパンクとかロックとかブルースにのめり込んだ気がします。

音楽への想い

ー音楽への想いを教えてください。

H:無くても死なないけど、生きるには必要なパワーですよね。
僕はいっぱい世界を変えてもらったんで。

メッセージ

ー良かったらこれを読んでる人へメッセージをお願いします。

H:アルバム『VS』良い出来です。
聴いて頂いた方、ありがとうございます!
まだの方は是非に。
誰かの何かになれば幸いです。

色々答えて頂きありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました