新たなジャンル!?サザンシモキタソウルを掲げるミートザホープス(MEET THE HOPES)とは!

Interview
スポンサーリンク

今回は、ミートザホープス(MEET THE HOPES)です!

お洒落な街の代表でもある下北沢を拠点にしてるので、バンドサウンドもお洒落れです!

聴いて良し!踊ってよし!そんなバンドですね。

そんなミートザホープスの事を、リーダーのクックヨシザワさん(以下:C)に色々と取材させて頂きました!

スポンサーリンク

ミートザホープスの結成について

ーミートザホープスの結成について教えてください。

C:2008年頃、キャプテン・ボーカルのクックヨシザワがホーンセクションを入れたソウルバンドを演るべくメンバーを集めを始めました。
なかなか理想の形に辿り着かずに幾多のメンバーチェンジを繰り返して現在の7人編成に至ります。

ミートザホープスの音楽

ーサザンシモキタソウルとは?

C:60s,70sの、サザンソウルが好きで、活動拠点が下北沢南口エリア=サザンシモキタのBASEMENTBARが主なのでホームグラウンドとして自ら名乗っています。
他に名乗っている人はいません。。

ー音楽で大切にしてる事は?

C:現在は表現の仕方がたくさんありますが、生演奏、生ライブ、人から人に直接音を伝える、ということを大事にしています。

現場で音楽を鳴らすことでリアクションがダイレクトに来るので、その場の空気を共有できる。ということことに喜びを感じています。

メンバーについて

ーメンバーについて教えてください。

クックヨシザワ
答えている本人です。
バンドをやりつつ、下北沢BASEMENTBARの店長をしています。

マコトキングストン
頼れる僕の相方。本来はThe KingstompersというオーセンティックスカバンドでKey&Voをやっているフロントマンなのですが、長い間サポートしてもらった後に口説いてメンバーになってもらいました。the me the meというポップスユニットを最近始めたそうです。

矢野佑樹
ステージで輝くミスターサイドマン。gimcracksというバンドでも活動しています。
ロックンロールをルーツとしつつも、多岐にわたるジャンルのバンドを数多くサポートしています。レペゼン浅草の伊達男です。

あつさん
年少組リズム隊のベースを太く担う男。優しい性格からか、個性の強いメンバーの中で間に入ってバンドサウンドを繋いでくれています。年々プレイが大胆にファンキーになっていっている気がします。
Larry Laugh Landというバンドでもベースを弾いています。

田村連
最年少メンバー。音楽に限らず多方面への関心が彼のドラムの幅を広げています。彼の参加するSaboten Neon Houseと鋭児の音楽性がそれを物語っています。人懐っこさと物腰の低さの中に、秘めた情熱を持つ男です。

〜シフト制サポート(ほぼ固定)〜

三輪卓也
アポンタイムというバンドのボーカルとして活動しているシンガーソングライター。
僕の大好きな60s、70sのアメリカ南部のロックやソウルの話で意気投合してからサポートしてもらうようになりました。

彼も曲を作って歌う人なので話が早いというか、何も言わずとも欲しいギターやコーラスを加えてくれます。曲のアレンジ面でも大活躍してくれています。
痒い背中に手が届く、気持ちのいい男です。

チャンケン
魂のトランペッター。寡黙な外見とは裏腹に、ユーモアと茶目っ気が音に滲み出るナイスガイ。大規模な野外フェスから小さなライブハウスまで、全国津々浦々、年中吹いている多忙なプレイヤーです。彼が主に参加するバンドはどれも必見です。

ライブについて

ーミートザホープスのライブの見どころを教えてください。

C:観ても聴いても、思わず踊りたくなるような、自然と笑顔になるようなライブをします。
帰り道に口ずさんでしまうような歌やメロディーを届けられるよう意識しています。

メッセージ

ーこれを読んでくれてる方へメッセージを頂ければ。

C:全てのミュージックラバーの皆さま、ジャンルを超えて、世代を越えて、音楽で繋がっていきましょう!

ライブ会場でお待ちしております。

ミートザホープスより愛をこめて

ー色々答えて頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました