自分の信念を貫き通すロックバンド!DONT TURN AWAYのKATAの想いとは

Interview
スポンサーリンク

今回はDONT TURN AWAYのKATA(片山功二)へ取材をお願いしました!

過去に企画バンドで同じステージに立った中でもあるKATAに、DONT TURN AWAY、KATA_BARについて聞いてみました。

現在のDONT TURN AWAYのメンバー

Vo.g : KATA
Gt : Yoshiaki
Ba : 左近彰洋
Dr : MIYA

取材相手:KATA(以下表記K)

DONT TURN AWAYの作られたキッカケ

ーまずはDONT TURN AWAYが作られたキッカケを教えてください。

K:2005年、当時DONUTMANと言うバンドで10年ほど活動していたのですが、メンバーが全員脱退で活動休止する事になり、同時に所属レーベルSKY RECORDSとも喧嘩別れになった。

SKY RECORDSのおかげで、全国ツアーやアルバムリリース、大きな箱で大勢のオーディエンスの前でのステージも立たせてもらった。有名バンドとも色々共演させてもらった。でも、純粋に仲間と音楽を楽しんでた頃の気持ちと、自分の信念を貫いて生きるって事からは、どんどん遠ざかっている事に気がついたんですよ。

好きでやってたバンドなのに、サラリーマンやってるような感覚になっててさ。楽しくないから全部ぶっ壊して新しいバンド”DONT TURN AWAY”を始めようって思ったんです。

“DONT TURN AWAY“とは自分の信念を貫き「過去は振り返らない」と言う意味を込めて命名しました。

ーありがとうございます!そんな意味があったんですね!

DONT TURN AWAYの音楽

ーちなみにDONT TURN AWAYの音楽とは、言葉で表現するならばズバリなんでしょう?

K:片山功二ですね。片山功二の人生そのもの!
片山功二の2005年〜死ぬまでの人生

ーなるほど~!人生=バンドですね?

K:まさにその通り!高円寺でKATA_BARって言うBARを経営しながらバンドやってます。お店で自らもアコースティックライブやったりして、BARとバンドを上手いことリンクさせて生きてます。

ー音楽やってきて、その仲間が集う場所もありつつ、素敵な音楽ライフだと思います!ただコロナの影響はありますよね?

K:はい、店にはバンドマンやDJ、音楽関係者が中心に集まりますね。コロナの影響で自粛してるお客さんも多いんですが、色んな形でみなさんに助けられて何とかなってます。お店もバンドも、人と人の繋がりを大切にしないとあかんのやなと改めて実感しました。

DONT TURN AWAYのメンバー

ーちなみにDONT TURN AWAYの他のメンバーはどんな経緯で加入してきたんですか?最近ベースに新しいメンバーが入った事もあるので、是非教えてください。

K:メンバーチェンジは過去何度か有りましたが、今は Vo.g : KATA G : Yoshiaki Ba : 左近彰洋 Dr : MIYA です。

MIYAは、元職場の同僚で俺と席が隣で毎日顔合わせてたので徐々にバンドに引きずり込みました。

Yoshiakiは、当時DONT TURN AWAYで、ヘルプでギターを弾いてくれてたAKEMIが、ライブにYoshiakiを連れてきてくれて、「あ、これはバトンタッチのタイミングなのかな?」っと勝手に思い込み、Yoshiakiに声をかけました。

左近彰洋は、俺の地元三重松阪の後輩なんですよ。左近は、DONUTMANのライブに中学校の頃から通ってて暴れまくってまして、そんな左近が東京に上京して来たので、”RADIO OUTDATED”のミュージックビデオで準主演として参加してもらったりしてました。

今年1月にBASSのDAIが脱退して、今後どないしよかってなってたんですが、KATA_BARで左近が酒飲んでて、彼は本当はボーカリストなんですが、BASSも弾けるって話をポロっとしたのを聴き逃さず、「こいつやん!!」っと思って、その場で即DONT TURN AWAYに引きずり込みました。笑

片山功二の音楽人生を20年以上見続けてきた左近は、なるべくしてなったメンバーですね。

ーメンバーそれぞれに色んな経緯があって面白いですね!今の状況も考えて、音楽活動はアコースティック等もやってるみたいですね?

K:アコースティックライブは、コロナの現状も踏まえてKATA_BAR限定でやってますね。DONT TURN AWAYの楽曲って、メロディーに重心を置いた曲が多いので、アコースティックに向いているので、バンドもアコースティックもそれぞれの良さが出てると思います。

ーなるほど!ちなみにDONT TURN AWAYは、すべてKATAの作詞・作曲ですか?

K:そうですね。それについては賛否両論有るかと思うんですが、各自のパートはかなり自由にやって貰ってるんですが、歌のメロディーラインだけは、どうしても自分自身で完璧に作り上げたいっていうこだわりが有ります。歌メロ職人なんですよ。笑

DONT TURN AWAYで感じてほしい事

ーアーティストは「こだわり」って大切ですよね!そんなこだわりで、観てくれる人や聴いてくれる人に、DONT TURN AWAYで感じてほしい事ってなんですか?

K:初めてギターを買って馬鹿みたいに練習して、初めてバンドで音を出して、大興奮したあの頃の気持ちは、大人になるにつれて段々と薄れてくと思いますが、俺はあの頃と何ら変わらなく、DONT TURN AWAYで好き勝手楽しくやってます。だからDONT TURN AWAYの音で、皆さんのくすぶったハートに火を着けでやんぞと思ってます。

ーありがとうございます!やっぱりライブで、それを表現したいって思いは強いですよね?

K:ライブでは難しい事は一切考えずに単純に俺が楽しむ為にやってます。俺が楽しいと思ったならオーディエンスも楽しさが自然と伝わってるし。でも、ただの自己満足ライブにならない様にダルいくらいに真面目にリハーサルはやってますけど。笑

KATA_BARについて

ーちなみにKATA_BARの事も色々と教えて貰っても良いですか?

K:今までの音楽人生で培ってきた事を活かし、なおかつこれからの音楽人生にプラスになる仕事をしたいと思って、たどり着いたのがKATA_BARですね。

ー音楽を好きな人が、集まれるそんな場所って必要ですよね!

K:絶対に必要ですね。ガキの頃、俺んちでみんなで集まって、音楽聴いて、ギター鳴らして、女の子の話して、ワクワクしてた。そんなワクワクする店を作りたかった。

ーやっぱり自分達のベース(基地)みたいなのって大切ですね!皆が楽しい顔をしてるお店のイメージがあるので、はやくコロナ終息になれば良いですね。

K:一刻も早く終息を願ってます。コロナで音楽活動が不要不急扱いされて、夜の店も悪者扱いされて、踏んだり蹴ったりですが俺は自分がやってきた事に誇りをもってます。コロナにボッコボコにやられたけどさ!コロナが終息した暁には倍返しでDONT TURN AWAYとKATA_BARを盛り上げていきますよ!

ーありがとうございます!

DONT TURN AWAYの目標

ー今後DONT TURN AWAYが目標としてる事を教えてください。

K:DONUTMANとDONT TURN AWAYで合わせて24年も活動して来たけど、まだ棺桶に一緒に入れて欲しいって思う作品は作れてないんですよね。だから集大成的なアルバムを完成させたいですね。

ー音楽人だからこそって感じですね!

DONT TURN AWAYからメッセージ

ー最後に読んでくれてる人へメッセージをお願いします!

K:世の中をROCKで変えてやる!なんて大それた事は言わないけど、KATA_BARに飲みに来て、DONT TURN AWAYのショウに遊びに来て欲しい。熱い気持ち持ってるヤツだったら絶対共感出来るはずやから。

ーありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました