“Tutti Frutti”“のっぽのサリー”のリトル・リチャード死去

NEWS
スポンサーリンク

リトル・リチャードが9日に亡くなった。

死因は骨がん、87歳だった。

ロックンロールのパイオニアの一人であるリトル・リチャードの音楽は、多くのミュージシャンにも影響を残してた。

少なからずリトル・リチャードが自分の音楽のルーツにも影響してる事は確かな事で、彼が居なければ、自分がロックをやるかやらないかまで影響してたかもしれない。

そんな彼の残した曲は今でもよく流れてるし、一度は耳にした事が必ずあるはずだ。

そんなリトル・リチャードの名曲の中で、私のセレクトはこの2曲。

リトル・リチャード Little Richard/のっぽのサリー Long Tall Sally (1956年)
Little Richard Long Tall Sally – Tutti Frutti

リトル・リチャードが世に出てきた頃は、まだ黒人差別が当たり前だった時代。

そんな時代の中で彼の音楽は段々と多くの白人からも歓迎されていった。

リトル・リチャードの活躍は、当時の同じ黒人に勇気を与えたに違いないと思います。

そして人種関係なく、多くのファン、ミュージシャンも愛されてたと思います。

ポール・マッカトニーも追悼の言葉を送ってます。

「トゥッティフルッティ」から「ロングトールサリー」、「グッドゴーリー、ミスモリー」、「ルシル」まで、リトルリチャードは10代のころに私の人生に叫び声を上げました。私はリトルリチャードと彼のスタイルに多くの責任を負っています。そして彼はそれを知っていました。彼は「私はポールに彼が知っているすべてを教えました」と言うでしょう。

@PaulMcCartney

この世に素晴らしい音楽を作って頂いた事に、音楽に携わる者として本当に感謝しかない。

リトル・リチャード、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました