【コラム】27歳で亡くなって伝説となったミュージシャン達(27クラブ)で思い出した事。

スポンサーリンク

まだ10代の頃、ある日の突然の悲報!

ニルヴァーナのカート・コバーン自殺の知らせ。

27歳でバンドも人気絶頂だった。

当時、海外のバンドで一番好きだったので、その時の衝撃は今でも覚えてる。

音楽センスがずば抜けていて、カリスマ性もすごかった。

本当に憧れの存在だったので、信じられなかったのを覚えてる。

何故かカリスマ的ミュージシャンが27歳で亡くなってしまう事が多い。

10代の頃に、地元の先輩からそんな話を聞いたのを覚えてる。

27歳で亡くなった有名ミュージシャンといえば、元ローリングストーンズのブライアン・ジョーンズジミ・ヘンドリックスジャニス・ジョプリン、ドアーズのジム・モリソン等。

ほんと不思議な事なんですけど27歳という共通点。

まだ若かった時は、27歳で死んでしまうかもって思ってたし、27歳で死んでいくのがロックスターだと思ったりしてました。

自分は、気付けば27歳を超えて今も元気に生きてる。

ただ、27歳だった時は全国ツアーとレコーディングな毎日で、必死過ぎてあまり記憶が残ってません。

それ以上に忙しかったカートコバーン等は、当時どんな風景が見えてたのかと思う事もあります。

逆に、今でも生きて活動する方々、ビートルズのポールマッカートニーとリンゴスター、ローリングストーンズの面々などなど、80歳になっても尚ステージに立ち続ける事は、本当にすごい事なんです。

27歳で亡くなった事で、記憶の中と映像記録でも歳を取る事がない。

ある意味でカッコイイ状態のままで居られる。

でも、生きて歳を重ねて老いても、それはそれでカッコイイ姿なんですよね。

若い頃に作った曲だったとしても年齢と共に、木の年輪のようにどんどん良くなっていくんです。

若いミュージシャンには絶対に出せないです!

今、大人の音楽(ロック以外でも)のライブ観に行くと分かりますよ。

それでは、また!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました