スポンサーリンク

【コラム】中学生だった頃のバイブルはJUN SKY WALKER(S)だった!

中学生の頃に同級生とバンドをやる事になった時に、その時に皆でコピーするバンドで選んだのがJUN SKY WALKER(S)だった。

JUN SKY WALKER(S)がバイブルだったと思ったのは、ドラムだけじゃなくベースやギターまで自分でコピーしてたバンドだった。

なんでそんな状況になったかってのは、ベースを担当する子が「楽譜が読めなくてコピーできない」って言い始めたのがキッカケで、じゃあ自分が覚えてそれを教えるって方法をやるために、まずベースをコピーしてた。

自分が覚えたから教えようとすると、実際は覚える気がなかったらしくて言い訳をしたって事だった。

結局は、やる気ないって事で辞めちゃったんだけど、今度はギターだった子が当時、元気が出るテレビの「ダンス甲子園」に感化されてダンスやるから、バンド辞めるって事になった。

それじゃってボーカルの子も辞めるって、一回もスタジオに入る事なくバンドが無くなった。

JUN SKY WALKER(S)の楽譜も全て貰って、結局一人で練習してたな。

そんな中学生の思い出にあるJUN SKY WALKER(S)。

聞き始めたのは、「歩いていこう」からだったと思う。

それから「全部このままで」「ひとつ抱きしめて」のアルバムを借りて、メタルテープにダビングして、聴いてたと思う。

全ての曲とそのメッセージが本当に当時の自分にドハマりした!

JUN SKY WALKER(S)の歌詞に共感しすぎてた気がする。

好きな曲は色々あるんだけど…強いて言えば

「My Generation」

その一択かもしれない。

シングルカットされてもおかしくない名曲だと思う。

自分にとっては、Vo:宮田和弥、Gt:森純太、Ba:寺岡呼人、Ds小林雅之の時のJUN SKY WALKER(S)が一番好きだった!

知った時がこのメンバーだったって事もあるんだけど。

特にベースの寺岡呼人さんに憧れてたと思う。

普通はドラムやるんだったら小林さんになると思うんだけど、自分はドラマーになりたかったけど、そんな事関係なくて寺岡呼人さんのモッズスタイルとか最高にかっこよかったわけですよ。

バンドのイロハも分からない少年だったので、色んな吸収の仕方に今ビックリしてるんだけど、当時は本当に拘りとか一切なかった事もあって、素直に受け入れてた。

変な固定観念がなかったのが良かったんだと思う。

そういえば、「アパート」って曲のドラムが、楽譜見ても何やってるのか当時分からなくて教えを請いに行ったと思う。

JUN SKY WALKER(S)は、疾走感のあるエイトビートに透き通って流れるようなメロディーがカッコよくて、中学校の時はよく聴いてた。

寺岡呼人さんが抜けるまでのCDを全部持ってたし、今のCDコレクションに残ってる。

それだけ思い入れがある。

結局、JUN SKY WALKER(S)のコピーバンドをする事は叶わずだったけど、それからのバンド人生にとってベースやギターを覚えるキッカケになったわけで。

そのおかげでドラムがどんなビートを叩けば歌いやすいとか、合わせやすいとか楽曲として考えるようになれたわけです。

そんなJUN SKY WALKER(S)が、中学生だった頃の私にはバイブルだったって事です。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました