スポンサーリンク

ジャパニーズ ネオ・キャバレーバンド「二十三夜銀座」とは?ベース・ヴォーカルの蒼兎一美にインタビュー!!

二十三夜銀座Interview
Photo by エモトココロ
スポンサーリンク

作品を作る時の拘り

Photo by エモトココロ

ー今レコーディングって事なのですが音源作品を作る時に拘ってる事はありますか?

A:今回の音源はしっかり作品として仕上げたいと思っています。何年経っても聴いた時、自分たちのお気に入りであるような曲にしたい。ライブ編成では基本メンバーには居ないトランペットなどの音も含め色々と重ねていたりします。必ずしも音源とライブが同じ必要はないと思っていて。それらの違いも楽しんで貰えたらと思っています。

そして今回は丁寧にレコーディングをしているところですね。コロナ禍で思い通りにライブし辛い状況ですから、だったら制作をガッツリやろう!と。その為のクラウドファンディングもさせて頂いたので、何より応援してくれてる方々に喜んで貰いたい。やり切って納得のいくものを皆さんにお届けしたいです!

ー最高の音源になると良いですね!そして音源でしか聴けない、ライブでしか聴けないって別々のアプローチで色々楽しめるって良いですね。
色々とお話を聞いて思ったんですけど、人を大切にするって事を一番に考えてるんですね?

A:大切にしたい!!だとかを意識的に思ってるわけではないのですが、自分の人生の根底には”人が好き”て言うのがあると思います。10代の頃に引きこもってたのもそれの裏返しだったのかな、なんて振り返って感じたりします。

人の優しさやご縁のミラクルで今まで生かされてきました。自分一人だと何も出来ないんですよ。音楽的な事もだし、仕事内容にしてもだし。好きな人たちには楽しく生きてて貰いたい。嫌いな奴は知らんけど!笑

楽しさを共有出来るのであれば自分はエンタメコンテンツで居たいなーと。
SNSの自己紹介などに掲げてる人生のテーマが”人生見世物御贔屓ごひいきに”なので。笑

ーなるほど~!一美さんの人生の色んな経験と縁があってこそですね。人を喜ばせれる人に悪い人は居ないと思ってますし、ほんと人柄も素敵だと感じます!

読んでいる人へメッセージ

ー最後に読んでいる人へメッセージをお願いします。

A:皆様ここ迄読んで頂きありがとうございました!

是非”二十三夜銀座“の音源やMV、サイトをチェックして頂けると嬉しいです!メンバー全員、皆様を楽しませる準備は万端です。

ライブハウスで乾杯しましょう!!

Photo by エモトココロ

ー色々と答えて頂き、ありがとうございました!

サイト&SNS紹介

二十三夜銀座のオフィシャルサイト、SNSがありますので、是非チェックしてみてください!

ピアノのウォリさんのサイトになります!ソロ活動等を掲載してます。

今回のアーティスト写真を撮影された方になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました